OneCEセミナーのお知らせ

OneCE Webセミナー Vol.20 内視鏡セミナー 申し込みページ

臨床工学技士100人カイギ のお知らせ

OneCEの最新記事

  • 【アンケート結果】OneCEセミナーVol.17 体外循環セミナー基礎編『人工心肺回路の基礎と各施設の回路構成』
    先月、開催いたしました、体外循環セミナー基礎編 では98名の事前参加登録を頂き、当日のリアルタイムでの参加者も、運営含め約100名と多くの方にご参加頂きました。この場を借りして改めて感謝申し上げます。 我々、OneCEは […]
  • 「学びクリエイトミーティング」Vol.3      ~多職種が語る未来の自分~
    2021年10月17日(日)14:00~16:30@Zoom Presented by KOSH              今回は、「看護師×薬剤師」 看護師:緩和ケア認定看護師で訪問看護ステーションを開設している 石川 […]
  • 英語の小ネタ!その23 「血圧」を伝えよう!
    前回(英語の小ネタ!その22 新型コロナ対策―検温のお願い!)は英語での体温の読み方をお伝えしましたが、バイタルサインの一つである「血圧」英語での読み方も一緒に覚えてしまいましょう! ちょっと場面を想像してみてください! […]
  • 「患者安全への行動変容」       ~Change-agents from Instructors~開催記
    2021年10月2日(土)13:00~16:00 に全日本患者安全組織文化学習支援財団シンポジウム Vol.3「患者安全への行動変容」を開催しました。 当日は80名近い申し込みがあり、大変な盛会のうちに終えることができま […]
  • 英語の小ネタ!その22 新型コロナ対策―検温のお願い!
    発熱は新型コロナウイルス感染症の典型的な症状のひとつです! 病院はもちろん、学校、会社、施設、お店、レストランなど、どこに行っても入口に体表面温度測定サーマルカメラの前で立ち止まるのがもう当たり前になっていますね。 体温 […]
  • 在宅人工呼吸
    呼吸療法認定士を目指す方 呼吸について勉強したい方 呼吸療法認定士について改めて確認したい方 資料を作成いたしました。古いものもありますが、誰かの何かの役に立てば幸いです。※随時更新して参ります。 在宅人工呼吸基礎疾患 […]
  • 腎機能検査と感染症モニタリング
    呼吸療法認定士を目指す方 呼吸について勉強したい方 呼吸療法認定士について改めて確認したい方 資料を作成いたしました。古いものもありますが、誰かの何かの役に立てば幸いです。※随時更新して参ります。 腎機能検査 1.血液 […]
  • Apple Keynote 2021.09.14
    流石、しっかり編集できていて日本語の字幕も出るのでKeynoteを見てもらうのが一番良いです。 ここでは、時間がない人用サマリーをお伝え致します。 私は、iPhone 13 Pro Max 256GB を購入予定でこのキ […]
  • 英語小ネタ! その21 ワクチン接種促進ポスター②
    世界の「ワクチン接種促進ポスター」から英語を覚えていきましょう!のシリーズ第2弾です!(第1弾はコチラ➡英語の小ネタ!その20 ワクチン接種キャンペーン) 今回は「米国疾病予防管理センター」、通称CDC(Centers […]
  • 「患者安全への行動変容」       ~Change-agents from Instructors~
    全日本患者安全組織文化学習支援財団サイバーシンポジウム 2021年10月2日(土)13:00~16:00 申し込みはここ  全患安シンポジウムVol.3は「患者安全への行動変容」を開催します。  2018年に医学雑誌Ci […]
  • 陽圧人工呼吸が生体に与える影響
    呼吸療法認定士を目指す方 呼吸について勉強したい方 呼吸療法認定士について改めて確認したい方 資料を作成いたしました。古いものもありますが、誰かの何かの役に立てば幸いです。※随時更新して参ります。 1、心拍出量の減少 […]
  • 人工呼吸中の集中治療
    呼吸療法認定士を目指す方 呼吸について勉強したい方 呼吸療法認定士について改めて確認したい方 資料を作成いたしました。古いものもありますが、誰かの何かの役に立てば幸いです。※随時更新して参ります。 鎮痛薬 モルヒネ、フ […]

臨床工学技士100人カイギ全プロジェクトの最新記事

新型コロナウイルス情報

学会・セミナー情報

行政情報

OneCE セミナー情報

OneCE 内視鏡 Web セミナー

今回は内視鏡について学べるセミナーとなっております。
「告示研修も始まり臨床工学技士がマストで覚えなければいけない分野になりました。」
始まったばかりなので、早いもの勝ちで今のうちに視聴して下さい。

臨床工学技士に限らず、多様な医療職の参加をお待ちしています。
MENU
PAGE TOP