多職種間のCOVID-19 の対応

OneCE Web セミナー を2020年6月13日20時~22時より開催いたします。

タイムスケジュール

  1. 重症COVlD-19患者に対するリハピリテ ーション実施の現状

聖マリアンナ医科大学病院リハピリテーションセンター

理学療法士 横山仁志 先生

  1. 理学療法におけるcounter COVID-19の現状と未来

杏林大学保健学部理学療法学科

理学療法士 木村雅彦 先生

  1. 現場目線でCOVlD-19時代のチー ム医 療を考える

公立陶生病院 呼吸器・アレルギー患疾内科 / 救急部集中治療室

医師 横山俊樹先生

  1. 「町工場とコロナに立ち向かう」

りびんぐラボ大正

臨床工学技士 石田幸広 先生

  1. 質疑応答・ディスカッション

臨床工学技士も特に呼吸器の分野では、理学療法士の先生と一緒にチームとして働くこと、そしてもちろん、病院内でチーム医療のかなめである医師とチームを組んで患者さまのサポートをさせていただきますので、今回は、ICUにおけるCOVID-19の注意点、そして、飛散防止に役立つ機器の開発を教えていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

Follow me!

投稿者プロフィール

NAGASAWA バネラ先輩
NAGASAWA バネラ先輩
アメリカ、コロラド州在住、日本では兵庫医科大学病院、国立循環器病センターで、臨床工学技士としてほぼ10年働いた後、何を思ったか、アメリカで働く為にアメリカ留学を決意!!! アメリカでは、ほぼ20年、Colorado Springs Memorial Hospital, 心臓血管で全米No.1のオハイオ州クリーブランドクリニック、現在のアメリカのコロラド州 UCHealth Memorial Haspital (コロラド州立大学附属メモリアル病院)で、R.C.I.S.免許でカテーテル技士として働いております。AAMI学会等、アメリカの米国駐在員として、学会にお手伝いとして現れる事もあります。なぜ、バネラ先輩と呼ばれるようになったかは、深い深い事情がありますので、↓の地球マークをクリックして、「バネラ先輩が日本臨床工学技士会主催の米国AAMI学会ツアーを行う理由」をご参照下さい。

OneCE セミナー情報

OneCE Vol.21 チームビルディングと医療安全 Webセミナー
         
皆様のご参加を心よりお待ちしております。