VHシールド情報2

おかげさまでクラウドファンディング達成することができました。
皆さん、ご支援ありがとうございました。

これから希望してくださった御施設へ順次発送して参りますので、少々お待ちください。

この飛散防止シールド(通称:VHシールド)は既にいくつかの御施設で使用されていまして、フィードバックもいただいています。
各施設の状況に合わせて使い方を工夫されており、私たちも勉強させていただいています。

VHシールドはビニール袋をかけるのが面倒そうとのお声もありますが、実際はそんなに難しくはありません。

VHシールドはアルミフレームで作られているため、変形することが特長です。
下の写真のように曲げてビニール袋にいれていただくと簡単に装着できます。

また、取り出す時も曲げて取り出すと簡単に取り出すことができます。
PPE同様、ビニール袋を装着する時よりも取り出す時の方が感染リスクが高く、簡単に取り外せることは素晴らしいと思います。

その他にも大きなビニール袋を用いてカバー範囲を広げたり、塩ビシートを取り付けて透明度を上げるなど沢山の工夫が行われています。
VHシールドは医療機器ではないためアレンジしやすく、おもしろい取り組みになっています。
クラウドファンディング達成でより多くの御施設に使ってもらえますので、今後どんな使い方が出てくるのかも楽しみです。

Follow me!

投稿者プロフィール

木戸 悠人
木戸 悠人
株式会社iDevice代表取締役。臨床工学技士。臨床と起業の二足の草鞋を履く。臨床で様々な業務を経験し、その中で直面した人工呼吸(NPPV)で問題となる皮膚障害(MDRPU)を解決するためのマスクを作るために起業。
臨床発の医療機器を世界に発信するために奮闘中!!

OneCE セミナー情報

OneCE Vol.21 チームビルディングと医療安全 Webセミナー
         
皆様のご参加を心よりお待ちしております。