英語の小ネタ!その4「あたまに付く言葉」

みなさんは普段の業務の会話やカルテ記載の中で、「医療英単語」をたくさん使っていると思います!

(あまり英語を使っているという自覚がないかもしれませんが…)

今日は医療英語の視点から、

「あたまに付く言葉(接頭語と言います)」に着目して、単語の分析をしていきます!

Anemia/貧血

ちょっと下の単語を見てください。

この辺りの単語は臨床工学技士の私たちも日常的に使いますよね!

  • Anemia(貧血)発音:/ əˈniː.mi.ə /アネィミア 貧血
  • Anorexia(食欲不振)アノレキシア 食欲不振
  • Apnea(無呼吸)アプニア 無呼吸
  • Arrythmia(不整脈)アリズミア 不整脈
  • Atopy(アトピー)アトピー アトピー

これらの単語に共通しているものは何でしょう?

↓↓↓↓↓

そうです!全部「a(ア)」から始まっています!

実は医療英語はギリシャ語やラテン語由来のものが多いのですが、

「a(ア)」はギリシャ語で「ない(無、不、非、欠乏)」を意味します。

これを知ったうえで、上記の英単語をみるとなるほど!って思いますよね。

全て何かが「無、不、非、欠乏」した症状・状態ですよね

Sleep Apnea/睡眠時無呼吸
Arrhythmia/不整脈

医療英語は体の部位、臓器、症状、状態などの「語源」の組み合わせで出来ているものが多いですので、こちらのコラムでも、これからたまに紹介していきたいと思います!

Follow me!

投稿者プロフィール

Ichiko
Ichiko臨床工学技士
ロンドンに10年以上滞在後、地元群馬に戻り臨床現場復帰4年目の臨床工学技士です。イギリスでは介護・福祉士としていろいろな施設で従事していました。ペーパーCE歴が長かったので、周りにご指導いただきながらcatch upの日々です!

OneCE セミナー情報

OneCE Vol.21 チームビルディングと医療安全 Webセミナー
         
皆様のご参加を心よりお待ちしております。