FFR(Fractional Flow Reserve)の話 1=心筋血流予備量比の概要=

近年、FFRの測定は重要視されていますね
アンギオグラフィカルに高度狭窄に観えなくても、実は、責任病変だったりすることがあるようです。
また・・・・・
前置きはつまらないので、さっそくFFRの話をしましょう(笑

少し前のものですが(2013)、
安定冠動脈疾患症例で


虚血が証明されていない症例に対するFFR測定はClassⅠA

狭心症状がある又は負荷試験陽性症状において、FFR<0.8の狭窄に対する血行再建術はClassⅠB

※ClassⅠ:その治療または処置が有益、有用、有効であるというエビデンス及び総意が存在する。
 LevelA:複数の無作為化試験または、メタアナリシスから得られたデータ

2016年4月~、診療報酬改定によりFFR測定時の保険点数加算が得られた。(詳細は省略)

下の絵を見たことはありますか?
私達が普段、冠動脈造影検査で観ている冠動脈は全体のたった5%なんです。
その先には、細動脈など綿状のような血管が心臓を包んでいるんですね( ゚Д゚)

これ!大事!知ってるか知らないかで理解の仕方が変わりますよ!


では、FFRとは?
病変がないと仮定した血管の最大拡張時の血流量に対する、血管狭窄領域の最大拡張時の血流量の比です。
重度の狭窄病変化判断する生理学的な指標です。
※冠動脈末梢血管を最大拡張させた時のみ測定できます。


ここで、疑問が出てきませんか?

根元の方が太くて末梢にいくほど細くなっているように思うのですが、冠動脈の抵抗も変化するだろうし、冠動脈の圧力から測定しているので、圧力も変わるんじゃないですか?
DistalからProximalにカテを引いてくると、変化するのは当たり前のような?
それを比較しても・・・???


ここで大切な機能があります!


自動能(Auto regulation)
冠動脈の抵抗は40~130mmHgの範囲で常に変化しています。
血圧や脈拍に関係なく、常に一定の血流を保とうと働いてくれます。


おぉ~~、心臓って優秀!!(≧▽≦)

では、どうすればいいのか?
この自動能を無効化?しない限り、自動調節されて、比較ができないですね。

しかたないですね、お薬を使って、一時的に血管を最大拡張させた状態にしましょう!!

っというわけなんですね!

末梢血管が最大拡張している時には

冠動脈内圧=血流量が比例関係になるわけですね!

さて、では、薬の話もしないといけないし、計算方法も話さないといけないし、この後も盛りだくさんですが・・・・

今日はここまでにしましょう。

今日も勉強になりましたね、それではまた(-ω-)/

Follow me!

OneCE セミナー情報

OneCE Vol.21 チームビルディングと医療安全 Webセミナー
         
皆様のご参加を心よりお待ちしております。