英語の小ネタ!その5「COVID-19」

COVID-19と呼び方は、日本の医療従事者の皆さんの中でも定着してきていますね。

発音はコビット?コビッド?といまいちどう読んでいいのかわからなかったりしませんか?
今回はこの「COVID-19」を英語の視線で分析してみます!

COVID-19は医療英語によくある、いくつかの単語の頭文字の組み合わせです!

「コロナウイルス病」を意味するCoronavirus Diseaseに,
この病気がWHO(世界保健機関)に報告された2019年を組み合わせたものです。

みなさん、「Coronavirus Disease」から「COVID」の文字が見つかりましたか⁇

→ → → COronaVIrus Disease

コロナ(Corona)のCO、ウイルス(Virus)のVI、病気(Disease)のDですね!

発音が意外に難しいです。。。

「コビット」や「コビッド」とはちょっと違って、頭の「コ」の音が強くなります。

ゥヴィドゥ』って感じになります!

アルファベットの『O』「オー」ではなく「オ~ウ」

「オ~ウ」の口の形


『V』「ブ」ではなく、上歯と下唇を使って、そのすきまで振動させて「ヴ」というと
かっこいい発音になりますよ!

実際に声に出して言ってみてくださいね!

公式Facebookの「いいね」もお願いいたします!

投稿者プロフィール

Ichiko
Ichiko臨床工学技士
ロンドンに10年以上滞在後、日本に戻り臨床現場復帰2年半の臨床工学技士です。イギリスでは介護・福祉に長年従事していました。ペーパーCE歴が長かったので、周りにご指導いただきながらcatch upの日々です!
+3

OneCE Web セミナー 公開動画は、こちら

過去に行われた、OneCE Web セミナーをYouTubeで公開しております。
こんな時だからこそ、情報発信・情報共有が大切です。