マスク肌荒れに負けないぞ!

お読みいただきまして、ありがとうございます!

マスクを装着する時間も長くなり、「お肌のトラブルが増えた!」と感じている方も多いのではないでしょうか😨?

ここでは、お肌のトラブルの原因や対策について、書いていきたいと思います。

なぜ、マスクによってニキビができやすくなったり、肌荒れしたりするのでしょうか?

その原因は大きく分けて3つあります。
①ムレ
②擦れ
③刺激

①ムレの原因と対策
 マスクの中は、自分の呼気がこもって温度・湿度が高い状態になっています。
 蒸れた状態が続くと、肌をバリアする角質がふやけ、肌荒れの原因になります。
「蒸れてるな~」と感じたら、こまめにガーゼやハンカチでふき取りましょう!
 ふき取るときは、ゴシゴシこすらず、やさしく押し当てるようにするのがポイントです。 

②擦れの原因と対策
 ノーズワイヤーや耳ひもの擦れも肌荒れの原因に。
 また、自分に合っていないサイズのマスクもお肌を痛めてしまいます。
 擦れやすいところにクリームなどをうす~く塗ると、擦れを軽減することができます。
 また、ずれ防止パッドなどを使用するのもおススメです。

③刺激の原因と対策
 布マスクを洗った際の洗剤残りも注意したいポイントです。
 特に布マスクに柔軟剤の使用は避けましょう
 柔軟剤は繊維に付着させることにより、やわらかい風合いを出すもの。
 長時間、肌に触れるとことで、柔軟剤の成分が刺激になることがあります。
 とくに布マスクを使用する際は、洗い方にも気を付けましょう。

いろいろ書いてまいりましたが、
一番大切なポイントは「肌をいたわる」ということ。

自分にも、お肌にも、思いやりを忘れず、ストレスフルな毎日を乗り越えましょう💛

Follow me!

投稿者プロフィール

秋沙
秋沙
岩手で臨床工学技士をしています。
主に慢性期の人工呼吸器管理や在宅医療に携わっています。
また、メイクアップアドバイザーの資格を取得しています。
医療の枠を超えて、誰かのHAPPYを作れる活動をしていきたいと思います。

OneCE セミナー情報

OneCE Vol.18 Webセミナー わかりやすい冠動脈造影入門
〜エクササイズで覚えるアンギオView〜
         
前回、大変ご好評いただきました心電図セミナーのスタッフがお送りする。
アンケートによるやってほしいリクエストにお応えして、開催します!
造影時の冠動脈がわからない。
カテ室で苦労している皆様。
今後、カテ室に入るかもしれない、スタートダッシュをきめたいあなたへ。
わからないことを恥ずかしいと思うのではなく、ここで全てぶつけてください!
みんなで’わからない’を共有して、解決・理解して学びましょう!
皆様のご参加を心よりお待ちしております。