第13回 日本医療教授システム学会総会のご案内( Japan Society for Instruction Systems in Healthcare)

 2021年3月25日(木)~26日(金)に第13回日本医療教授システム学会が開催されます。

(27日土曜日には併設セミナー開催)日本医療教授システム学会は、標準的な医療を

安全・確実に提供できる医療職の育成に資するための学術的活動を行う団体です。

教育や学習の効果・効率・魅力を高めるシステム的な方法論であるインストラクショナル

デザイン(ID)を医療教育に活用しています。2018年AHA(アメリカ心臓協会)

“Circulation”で発表した論文に「学習と維持を促進する実証済みの教育方法」として

「インストラクショナル・デザイン」が紹介され、科学的根拠に基づいた教育方法とされています。

本学会の会員は医師、看護師、救急救命士が多く、私は本学会の評議員を務めておりますが、

臨床工学技士の学会員は知っているだけで2名程です・・・

 今回の学会で私は医療者仲間と多施設共同研究の結果を2演題(演者と共同演者)オンラインで

発表*)します。医療者教育に興味がある方はこの機会に参加してみてはいかがでしょうか。

* 演題名:学習環境をデザインした患者安全学習会の取り組み
 (Learning Environment designed by Patient Safety Study Group and its activity)

  共同演者:集中治療センター中堅看護師における「中心静脈路の意図しない抜去」をさせない認知技能~SefetyⅡ理論をもとにした分析~

 (Qualitative research on mental model of mid-level nurses in prevention of accidental catheter removal in critically ill patients, using Safety II theory)

Follow me!

投稿者プロフィール

畔柳 信吾
畔柳 信吾
臨床工学技士として医療機器の動物実験や血液透析専門クリニック勤務を経て2003年より総合病院(現職)で働く。医療機器を通じて、患者さんが安心できる医療の提供を心掛けています。また、「大人の学び」をデザインすることに興味を持ち働きながら大学院に進み、学習環境デザインの研究を行った。趣味はBBQと総合格闘技。

OneCE セミナー情報

OneCE Vol.21 チームビルディングと医療安全 Webセミナー
         
皆様のご参加を心よりお待ちしております。