透析液

透析技術認定士を目指す方

透析について勉強したい

透析技術認定士について改めて確認したい方

資料を作成いたしました。古いものもありますが、誰かの何かの役に立てば幸いです。
※各記事につきましては、随時更新してまいります。

・透析液の基本条件

①尿素などの除去したい物質を効率よく除去できる。
②電解質や浸透圧など恒常性が維持されている物質の濃度は著しく変動させない。
③代謝性アシドーシスを補正できる。
④生体に必要な物質はできるだけ除去しない。
⑤生体に有害な成分を含んでいない。
⑥液の組成が長時間安定している。

・アルカリ化剤

●酢酸透析液の特徴

①Ca,Mgが炭酸塩として沈殿することなく電解質濃度、phが安定し、原液を1剤化できる。
②殺菌作用を有するため長期保存が可能
③主に肝臓のTCAサイクルで重炭酸に代謝されるが、腎不全患者の酢酸最大代謝速度は健常者よりも30%ほど低下している。
④重炭酸イオンは除去される。
⑤末梢血管拡張作用、心機能抑制作用、IL-1産生誘導などの非生理的作用がある。
⑥酢酸不耐症を呈することがある。高齢者や糖尿病患者で多い。

●重炭酸透析液の特徴

理的なアルカリ化剤である。
②CaやMgと炭酸塩を作り沈殿を生じるため、原液2剤化(A:重炭酸以外の電解質、B剤;重炭酸Na)する必要がある。(Pは含まれない)
ph調整剤として少量の酢酸(8-10mEq/L)が添加されている
用直前に透析液供給装置で混合して密閉度の高いシングルパス方式で供給する。
⑤液ラインおよび透析監視装置内に炭酸塩の析出が起こるため、酸洗浄など十分な洗浄管理を必要とする。

●無酢酸重炭酸透析液の特徴

①酢酸を全く含まないが、クエン酸が少量(2mEq/L)添加されている。
②重炭酸イオン濃度が35mEq/Lと高い
③Caとクエン酸のキレートが生じる
解槽ステンレスの腐食が起こることがある。

・透析液・電解質濃度(mEq/l)

NaKCaMgCl酢酸HCO3-ブドウ糖
14023~3.511108300,100,150

※原液には酢酸が含まれていないので、細菌が繁殖しやすい

Follow me!

投稿者プロフィール

Takuya
Takuya
臨床工学技士です。他職種を含めた若手の臨床指導に力を入れて研修会・現場での仕事だけでなく、企業・教育セミナー講師、国内外の学会発表・参加、医療雑誌のコラム執筆に挑戦してきました。興味のある後輩達にそのノウハウや情報提供を行い、よりより後輩を育成するべく日々、自問自答です。育てた後輩達はいつか自分と周りの人々を助けてくれると信じています。
+1

OneCE セミナー情報

OneCE NHFTセミナー

Nasal High-Flow Therapyを基本から学ぶセミナーです。

臨床工学技士に限らず、多様な医療職の参加をお待ちしています。