開胸・開腹手術後の肺合併症

呼吸療法認定士を目指す方

呼吸について勉強したい方

呼吸療法認定士について改めて確認したい方

資料を作成いたしました。古いものもありますが、誰かの何かの役に立てば幸いです。
※随時更新して参ります。

術後肺合併症

呼吸中枢の抑制、上部気道の狭窄・閉塞、間質性肺炎、肺水腫、肺血栓塞栓症、無気肺、肺炎

術後肺合併症として頻度が高い。

発生時期は術後48時間以内が多い

無気肺を放置すると肺炎に移行して重症化するので発症の予防と発見後の早急な処理が大切。

無気肺とは肺の一部に空気が入らなくなり、その領域の肺胞が虚脱した状態をいう。

開胸術後よりも開腹術で起こりやすいので注意が必要であり、開腹手術では上腹部は下腹部より多く、ほぼ2倍の発生率を示す。

術後換気障害の原因

呼吸筋の運動抑制
呼吸中枢の抑制
上部気道の狭窄・閉塞

術後肺炎について

原因は無気肺と気道内の分泌物貯留による気管支閉塞である。

起炎菌は肺炎球菌やブドウ球菌がある。

重症化すると高二酸化炭素血症を伴う

発熱と膿性痰で疑い胸部エックス線写真で不透明あるいは浸潤陰影を確認する。

肺容量は増加する。

術後肺水腫について

毛細管から水分が漏れる理由

心原性では肺毛細管浄水圧の上昇である。

非心原性すなわちARDSでは肺毛細管からの水分の透過性の亢進である。

肺のコンプライアンスが過剰水分貯留によって低下する。

胸腔内の過剰な陰圧は肺水腫を招く要因となりうる。

聴診やエックス線写真には変化は現れないので、診断は不穏と過呼吸の出現と動脈血ガス分析によるものしかない。

間接的障害の原因としては敗血症が最も多いが、大量輸液や大量輸血も原因となる。

直接的障害の原因として、胃酸の誤嚥、細菌性肺炎、吸引性肺炎などがある。

術後間質性肺炎

呼吸器手術後に突然発症することがある。

多くは術前から蜂窩肺や肺線維症あるいは軽度の間質の異常を示している。

胸部エックス線写真ではすりガラス陰影を示す。

重症化する可能性が高い。

肺水腫との鑑別が困難である。

肺血栓塞栓症

原因として最も多いのは下肢深部静脈の血栓が肺に飛んで塞栓することである。

食生活の欧米化、患者の高齢化、肥満の増加により増加している。

診断の肺血流シンチグラム、肺動脈造影により確定する。

新たな血栓予防、血栓増大阻止のためヘパリン投与、血栓が確認されたら外科的手術、カテ治療、抗凝固療法を継続する。

手術後の発生が最も多い。

リスクファクター

長期臥位、うっ血性心不全、肥満、脱水、糖尿病、下肢静脈血栓症、経口避妊薬の常用

静脈血栓塞栓症の付加的な危険因子の強度

弱い肥満、エストロゲン治療、下肢静脈瘤
中等度高齢、長期臥位、うっ血性心不全、呼吸不全、悪性疾患、中心静脈カテーテル留置、癌化学療法、重症感染症
強い静脈血栓塞栓症の既往、血栓性素因、下肢麻痺、下肢のギプス包帯固定

危険因子別血栓塞栓症予防法ガイドライン

リスク一般外科手術予防法
最高リスク群静脈血栓塞栓症の既往あるいは血栓性素因のある手術低用量未分画ヘパリンと間欠的空気圧迫法、または弾性ストッキングの併用
高リスク群40歳以上の癌の大手術間欠的空気圧迫法あるいは 低用量未分画ヘパリン
中リスク群40歳以上あるいは危険因子がある大手術弾性ストッキングあるいは間欠的空気圧迫法
60歳以上あるいは危険因子のある非大手術弾性ストッキングあるいは間欠的空気圧迫法
低リスク40歳未満の大手術早期離床および積極的な運動
60歳未満の非大手術早期離床および積極的な運動

術後肺合併症のための術前管理リスクファクタ

高齢特に70歳以上では発生率が高い
肥満横隔膜挙上および横隔膜運動の制限のため術後肺胞低換気ないし無気肺が起こりやすい。
喫煙気管支粘膜の繊毛運動の抑制、線毛の脱落に粘液輸送機能の障害、分泌物の増加により喀痰喀出が悪くなる。
慢性肺疾患特に慢性閉塞性肺疾患を基礎にもつ患者は肺合併症が起こりやすい。
その他低アルブミン血症、糖尿病、担がん状態、ステロイド使用中の患者などは術後肺合併の高危険群である。

Follow me!

投稿者プロフィール

Takuya
Takuya
臨床工学技士です。他職種を含めた若手の臨床指導に力を入れて研修会・現場での仕事だけでなく、企業・教育セミナー講師、国内外の学会発表・参加、医療雑誌のコラム執筆に挑戦してきました。興味のある後輩達にそのノウハウや情報提供を行い、よりより後輩を育成するべく日々、自問自答です。育てた後輩達はいつか自分と周りの人々を助けてくれると信じています。

OneCE セミナー情報

OneCE 透析 VAエコー セミナー

透析 Vascular Access を学ぶセミナーです。

臨床工学技士に限らず、多様な医療職の参加をお待ちしています。

前の記事

小児New!!