英語の小ネタ!その22 新型コロナ対策―検温のお願い!

発熱新型コロナウイルス感染症の典型的な症状のひとつです!

病院はもちろん、学校、会社、施設、お店、レストランなど、どこに行っても入口に体表面温度測定サーマルカメラの前で立ち止まるのがもう当たり前になっていますね。

サーマルカメラ

体温の確認は感染拡大を防ぐ上で重要な手段ですので、今回は医療従事者のみなさんが正しく体温を記録するために、英語での体温の読み方についてお伝えします!

入り口での検温のご協力お願いします!

まず「体温」は英語で、

Body Temperature (バァディィ テェンパァラァチャ)ですね!

略してTempと表記されます。

「体温は36.5℃です!」という時はTemp: 36.5°Cと書き、その読み方は…

体温36.5℃です!

①まず「36」部分を言います。

Thirty Six (サァーティィ シィクス)

「.」の部分は

Point (ポォィントゥ)

「5」はご存知、ハイ(^-^)/

Five (ファィヴ)

④最後に「℃」ですが(ちょっと言いづらいですが)(^^;)

Degrees Celsius (ディィグリィーズ セェルシィアス)

Celsius(摂氏)

①~④を足して「36.5℃」

Thirty Six Point Five Degrees Celsius

(サァーティィ シィクス ポォィントゥ ファィヴ ディィグリィーズ セェルシィアス)となります!d(-_☆) グッ!!

【注意!!】

体温98℉

ここでは、日本で使われている「摂氏 (Celsius セェルシィアス)」でお伝えしましたが、アメリカでは「華氏(Fahrenheit ファラァンハァィトゥ)」が一般的ですので、ご注意ください。もしアメリカ人の患者さんが来て、「今日の体温は98度でした。」と言ってもびっくりしないでください!

100℉=37.8℃」を覚えておくとイメージしやすいかもしれませんね!

換算式です!

Follow me!

投稿者プロフィール

Ichiko
Ichiko臨床工学技士
ロンドンに10年以上滞在後、地元群馬に戻り臨床現場復帰4年目の臨床工学技士です。イギリスでは介護・福祉士としていろいろな施設で従事していました。ペーパーCE歴が長かったので、周りにご指導いただきながらcatch upの日々です!

OneCE セミナー情報

OneCE 内視鏡 Web セミナー

今回は内視鏡について学べるセミナーとなっております。
「告示研修も始まり臨床工学技士がマストで覚えなければいけない分野になりました。」
始まったばかりなので、早いもの勝ちで今のうちに視聴して下さい。

臨床工学技士に限らず、多様な医療職の参加をお待ちしています。