「患者安全への行動変容」       ~Change-agents from Instructors~開催記

2021年10月2日(土)13:00~16:00 に全日本患者安全組織文化学習支援財団シンポジウム

Vol.3「患者安全への行動変容」を開催しました。

当日は80名近い申し込みがあり、大変な盛会のうちに終えることができました。

当シンポジウムは継続的に開催していきます。今後はシンポジウムでも話題に

なりましたとおり、患者安全教育訓練の成果を明らかにするための評価側面への

関わりも強化していきたいと思っております。以下、当日プログラム

【心肺蘇生教育の医療現場への影響】
PRESENTER
■松本 尚浩 全日本患者安全組織文化学習支援財団 代表理事
SPEAKER
■武田 聡  東京慈恵会医科大学 救急医学講座 教授
■万代 康弘 東京慈恵会医科大学 救急医学講座 講師

14:00~14:20(20分)
【心肺蘇生教育との関わりを経た活動】
PRESENTER
■岡本 華枝 岐阜聖徳学園大学看護学部 准教授
SPEAKER  
■平尾 明美 千里金蘭大学看護学部 教授

14:30~15:10(40分)
【心肺蘇生教育と国際貢献】
PRESENTER
■畔柳 信吾 公立西知多総合病院 臨床工学科
SPEAKER
■嶋岡 鋼  国際医療福祉大学塩谷病院 小児科副部長
■木村 隆彦 明治国際医療大学保健医療学部救急救命学科 教授

15:10~15:50(40分)
【心肺蘇生教育発展への提言】
SPEAKER   
■平出 敦  京都橘大学保健科学部救急救命学科 教授   
■松本 尚浩 全日本患者安全組織文化学習支援財団 代表理事

15:50~16:00(10分)
【CLOSING】
明日への提言:患者安全な医療のために
■松本 尚浩 全日本患者安全組織文化学習支援財団 代表理事

Follow me!

投稿者プロフィール

畔柳 信吾
畔柳 信吾
臨床工学技士として医療機器の動物実験や血液透析専門クリニック勤務を経て2003年より総合病院(現職)で働く。医療機器を通じて、患者さんが安心できる医療の提供を心掛けています。また、「大人の学び」をデザインすることに興味を持ち働きながら大学院に進み、学習環境デザインの研究を行った。趣味はBBQと総合格闘技。

臨床工学技士100人カイギ セミナー情報

Zoom参加費(学生除く)    ¥500
YouTube配信視聴(学生除く) ¥500
学生             無料

2021年11年13日 (土) 19:00~
Vol.20 のタイムテーブル

19:00~19:15 概要説明/100人カイギとは
19:15~19:20 アイスブレイク(5min)
19:20~19:35 トーク①(10min)
19:35~19:50 トーク②(10min)
19:50~20:00 ブレイクアウトルーム(10min)
20:00~20:05 休憩(5min)
20:05~20:20 トーク③(10min)
20:20~20:35 トーク④(10min)
20:35~20:50 トーク⑤(10min)
20:50~20:55 ブレイクアウトルーム(5min)
20:55~22:00 次回案内 / 写真撮影

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です