英語の小ネタ!その26 CPAP(シーパップ)①

以前人工呼吸モード「SIMV」から英単語を覚えようというコラム(英語の小ネタ!その17 SIMVモードの英単語)を書かせて頂きましたが、今回は別のモードを見てみようと思います!

近年、睡眠時無呼吸症候群の治療法として、一般的にも名が知られてきた治療法「CPAPシーパップ」。みなさん、何の略か覚えてますか?

Continuous Positive Airway Pressure

の頭文字を取ったものですね!(^o^)V

CPAP

せっかくですから、これも日常会話で使ってしまいましょう!

まずは1文字目の「C」Continuous の頭文字ですね!

Continuous (カァンティィニュゥアス)

意味:「連続的な、継続的な, 絶え間のない」、つまり、「絶え間なくずーっと続いている」状態です。なので、CPAPは絶え間なくずーっと陽圧をかけてるんですね。

こんな場合にも使えますよ!

雨がずーっと絶え間なく降っていたら「Continuous Rain」! さすがに気分もめげます。。。

こんな時はこうつぶやいてみましょう。

This continuous rain is driving me crazy.!!(こんなに雨が続くと嫌気がさしてくる!)

continuous rain…

2番目「P」はPositiveの頭文字です。

Positive(パァザァティィヴ)

カタカナでもよくつかわれる「ポジティブ」です!私たちは「前向きな、積極的な」という意味で使いますよね!

別の使い方があって、医学的に使う時は「(反応の結果が)陽性の」電気や生物学などでは「陽の、正の」という意味もあります。

CPAPの場合は「陽性の圧力」という意味で使われていますね!

陽圧・陰圧

実際の英語の会話ではこんな使われ方もします!

I’m positive! !(^^)!

「絶対間違いないと確信してるよ!」という感じで言います!

ポジティブ!

では、本日は「CPAP」「Continuous」「Positive」を見ていきました!次回は後半の2文字を見ていきます!(^_^)V

Follow me!

投稿者プロフィール

Ichiko
Ichiko臨床工学技士
ロンドンに10年以上滞在後、地元群馬に戻り臨床現場復帰4年目の臨床工学技士です。イギリスでは介護・福祉士としていろいろな施設で従事していました。ペーパーCE歴が長かったので、周りにご指導いただきながらcatch upの日々です!

OneCE セミナー情報

OneCE Vol.21 チームビルディングと医療安全 Webセミナー
         
皆様のご参加を心よりお待ちしております。