英語の小ネタ!その27 CPAP(シーパップ)②

前回の英語の小ネタ!その26 CPAP(シーパップ)①の続きです!

ちょっと復習をしましょう!

「CPAP」

Continuous Positive Airway Pressure

の頭文字を取ったものですね! では、さっそく後半の2文字を見ていきましょう!(^_^)V

CPAP

「CPAP」の3文字目の「A」は…

Airway(エルゥェ)のAです!

この単語もいくつか意味があります。医学用語としては「気道・気管」です。CPAPの場合はこの意味です。

他にも「換気路、通風路、航空路」などの意味もあります。

飛行機に乗ったことがある方はこんなところで「airway」の文字を見たことがあるのではないでしょうか?

All Nippon Airways(略称:ANA、全日本空輸)

British Airways(ブリティッシュ・エアウェイズ、英国航空とも)

Qatar Airways(カタール航空)

Cathay Pacific Airways(キャセイパシフィック航空)

この場合は、「航空会社」という意味で使われていますね!(ちなみにJALは「Airlines」を使っています。)

British Airways

最後の文字です!「CPAP」「P」です!(2番目の「Positive」とは違うのでご注意ください。)

Pressure (プレェシャ)

この単語も「プレッシャー」で私たちが日常的に使っている単語ですね!

物理的な「圧力」強制力としての「圧力」どちらでも使えます!

日常的にはこんな使い方が便利です!

頼みごとをしたけど、あまり相手にプレッシャーを感じてほしくない時に(出来たらやってほしいけど…)、

「NO Pressure!」(無理しなくていいからね!)

プレッシャーなし!

今回は「CPAP」から使える英会話をやってみました!(^^) みなさんもいろいろ応用してみてくださいね!

Follow me!

投稿者プロフィール

Ichiko
Ichiko臨床工学技士
ロンドンに10年以上滞在後、地元群馬に戻り臨床現場復帰4年目の臨床工学技士です。イギリスでは介護・福祉士としていろいろな施設で従事していました。ペーパーCE歴が長かったので、周りにご指導いただきながらcatch upの日々です!

OneCE セミナー情報

OneCE Vol.21 チームビルディングと医療安全 Webセミナー
         
皆様のご参加を心よりお待ちしております。