抗不整脈薬 〜CIEDs〜

植え込み型心臓不整脈デバイス認定士を目指す方

植え込み型心臓不整脈デバイスについて勉強したい

植え込み型心臓不整脈デバイス認定士について改めて確認したい方

資料を作成いたしました。古いものもありますが、誰かの何かの役に立てば幸いです。

☆Vaughan Williams分類による抗不整脈薬

Ⅰ群:Naチャネル遮断

Ⅱ群:交感神経β受容体遮断

Ⅲ群:Kチャネル遮断

Ⅳ群:Caチャネル遮断

●Ⅰa群
活動電位持続時間(action potential duration:APD) 延長
不応期の延長
※発作性心房細動の停止など
代表:キニジン、プロカインアミド、ジソピラミド、シベンゾリン、ピルメノール

●Ⅰb群
活動電位持続時間(action potential duration:APD) 短縮
不応期の短縮
代表:リドカイン、メキシレチン、アプリンジン

●Ⅰc群
活動電位持続時間(action potential duration:APD) 不変
不応期の不変 or やや延長
代表:プロパフェノン、フレカイニド、ピルシカイニド

●Ⅱ群
β遮断薬
代表:プロプラノール、メトプロロール、カルベジロール

●Ⅲ群
活動電位持続時間(action potential duration:APD) 延長
Kチャネル遮断
代表:アミオダロン、ソタロール、ニフェカラント

●Ⅳ群 活動電位持続時間(action potential duration:APD) 延長
Caチャネル拮抗薬 (SVTの停止,および速いAFまたは心房粗動の緩徐化)
代表:ベラパミル、ベプリジル、ジルチアゼム

☆薬剤と除細動・ペーシング閾値

ペーシング閾値上昇:フレカイニド、ピルシカイニド、アミオダロン
除細動閾値上昇:アミオダロン、リドカイン、メキシレチン、ベラパミル、プロポフォール
除細動閾値低下:ソタロール

このページは随時更新しております。
何卒ご活用ください。

Follow me!

投稿者プロフィール

Takuya
Takuya
臨床工学技士です。医療者教育について学んでいます。他職種を含めた若手の臨床指導に力を入れて研修会・現場での仕事だけでなく、企業・教育セミナー講師、国内外の学会発表・参加、医療雑誌のコラム執筆に挑戦してきました。興味のある後輩達にそのノウハウや情報提供を行い、若手支援をしながら日々、自問自答です。素晴らしい若手は自分と周りの人々を助けてくれると信じています。

OneCE セミナー情報

OneCE Vol.21 チームビルディングと医療安全 Webセミナー
         
皆様のご参加を心よりお待ちしております。