日本臨床工学会 in 名古屋 に行ってきた

いや~、実際に人に合う学会は、面白かった!!! 

2020年9月29日~30日両日は、待ちに待った日本臨床工学会 in 名古屋大会が開催されました。\(゜ロ\)(/ロ゜)/

かってに前夜祭!と称して9月28日に臨床工学技士100人会議Vol.6を開催し、
本間理事長にもご登壇頂き、大盛況のうちに終わり、ホッとしたのもつかの間、
明日は早朝から名古屋に移動だ~!

日本臨床工学会が、現地とオンラインのハイブリッドで開催されることが決まり、
学会が現地開催されることが、かなりご無沙汰だった事
私自身もお出かけをすること自体、随分久しぶりだった事

さらに臨床工学技士100人カイギ、運営グループが発足されて約1年、
運営者同士Zoomを用いて何十時間も、画面越しではあったが、
共に作業し、困難を乗り越え、運営を行ってき仲間に会えるのだから


ドキドキが止まりません。(/ω\)

実際に現地に到着すると、あらビックリ、受付は閑散として、もとい、ソーシャルディスタンスを取り、。( 一一)
体温測定、健康診断書の提出、そしてマスクの着用が必須であり、
流石、臨床工学技士会、感染予防は完璧です。( *´艸`)

一般演題はwebのみで、プログラム自体は時間に余裕がある様に設定されていた。

企業ブースをうろうろしながらスタンプラリーに参加し、シープリングッズを頂戴した。”とったどー”

特別講演やシンポジウムに参加し、
またランチョンセミナーでお昼をいただき、
学会を楽しんでいた。( *´艸`)

会場の大きさに比べて、
現地での参加人数はそこまで多く無く、
密になることは無いと感じた。

しかしながら、
なかなか知り合いに巡り会えない!
すれ違う人の顔を見ても、マスクのせいなのか?
知り合いかどうか区別がつかなかった。

しかし、
それでもふっとした瞬間に

「あれ!その声は?Takuyaさん?」(/・ω・)/

そうなった瞬間の喜びは一生忘れる事はないだろう!。

しっかりとあいさつを交わし、ちょっとした話をしていると、
私の声につられるのか?
さらに、そこに別の知り合いが参加し、また挨拶を交わす
なんとも楽しく充実した時間であった。

Zoom越しの雰囲気しか知らない私は、現地でお会いして、
思ったより背が高い人!、はたまた思っているより背が低い人!
さらには思ったより厳しそうな雰囲気の人!( ゚Д゚)

それでも話し出すと、やはりいつものZoomの会議のようになり、
「あ~、いつもの○○さんだ!」と自分の知っている方に早変わり、

見た目の印象と言うのは、とても大事だな、と感じた。(;・∀・)

我々は先にオンラインで知り合って長い時間を共に過ごしているからこそ、
今の人間関係が構築されているが、初見で実際に会っていたら
見た目の雰囲気など、印象に影響されていた可能性もあっただろう。

しかし、間違いない事は、実際に会ったことによって
さらに深く多方面から人間関係を構築することができました。

また運営その他にかかわらず
実際に現地で人と人が出会うと言うことの素晴らしさを
再認識することができた。

来年は熊本での開催となりますね、
またしばらく現実と向き合い、日々を積み重ね
過ごしていくための

元気を皆さんにいただきました。
( ^^) _旦~~

最新情報をお届けします

投稿者プロフィール

Takuya
Takuya
臨床工学技士です。他職種を含めた若手の臨床指導に力を入れて研修会・現場での仕事だけでなく、企業・教育セミナー講師、国内外の学会発表・参加、医療雑誌のコラム執筆に挑戦してきました。興味のある後輩達にそのノウハウや情報提供を行い、よりよい後輩を育成するべく日々、自問自答です。育てた後輩達はいつか自分と周りの人々を助けてくれると信じています。
4+

OneCE セミナー情報