コロナの中で養成校はどのような生活なの?

皆さんこんにちは!

今回も引き続き新入生の方向けの記事です。

今日はコロナ禍の学校生活についてです。
実際に大学3年生という、実習、座学も盛りだくさんの時期を
コロナの中で過ごした、TUCESの頼れる司会、金村さんから
養成校の様子を伺いました。

【金村さんより】
養成校によって違うとは思いますが、実習は対面、
座学はオンラインで授業を行っているところが多いのではないでしょうか。

オンライン授業ではzoomなどを使って先生と学生が話しながら授業を受ける同時双方型というタイプ、
先生方がサイトに上げた動画を各自で見ながらノートをとったり、小テストを受けたりするオンデマンド型というタイプの二種類を併用して授業を受けています。

対面授業とは違い、先生や友達と直接話せないことはさみしいですが、
動画を何回も見ることができるので予習・復習がしやすいことは利点だと思います。

パソコンの操作が苦手で不安だと思う方もいると思いますが、なれれば簡単なので安心してください!

実習では一度に教室に入る人数を減らす、医療用のマスク、
実験メガネをつけるなどして感染対策をしていますが、
授業の受け方については以前と変わりないかなと思います。

4月から専門学校・大学に入学される方は不安に思うこともあると思いますが、
緊張せず楽しんでください!

また一歩先に学校生活について現役学生に聞いてみたいという方のTUCESへの入会もお待ちしています。

コメントを残す